政策

区民の安心と安全を支える区政の実現に向けて



生まれ育った千代田区を、どこよりも誇れる街にしたい。

千代田区は、立法・司法・行政の三権及び経済・金融という首都機能を備えた日本の中心、東京の顔であるとともに、江戸開府400年以上の歴史・文化がまちと人々の生活に息づいているだけでなく、中心に位置する皇居の存在が、歴史と文化、風格などのイメージを高めています。 一方、わが国の人口が依然として減少傾向にある中、本区の人口は、平成12年に過去最低の39,297人まで落ち込んだものの、平成29年4月には6万人を超え、今なお人口の増加が続いています。 その要因は、都心回帰の影響に加え、これまで積極的に展開してきた子育て関連や高齢者福祉に関する様々な施策の効果であり、今後も、子どもと高齢者層を中心に、本区の人口は増え続けていく見通しです。

こうした中、区民の皆様の生活の安心と安全を確保するため、区政を取り巻く幅広い課題に対して、人口の増加を見据えた形で積極的に取り組んでいかなければなりません。
私は、千代田区の未来を築くため、以下の事項を重点として、常に区民の目線に立って、
区政に対して責任ある立場として全力を尽くし、取り組んで参ります。



次世代育成に関する取組み ~安心して子育てができるように~

家庭や子どもを取り巻く状況が変化する中、次世代を担う子どもたちが健やかにのびのびと育つ社会の形成をめざし、子育て世代への支援を充実し、子どもと親の育ちを地域全体であたたかく支えるまちを推進していきます。

保健福祉に関する取組み ~住み慣れた地域でいきいきと健康な生活を~

高年世代の健康寿命の延伸を図るなど、区民が生き生きと健康で生活し続けられるよう、心身の健康づくりの支援や、介護が必要となっても住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりに努めます。

安全対策に関する取組み ~安心・安全なまちづくり~

首都直下地震や集中豪雨などの自然災害はもとより、建物の耐震化や今後海外との人の交流が増加することを見据え、感染症やテロ等の発生への備えなど、まち全体を安全で快適なものとするため、災害等発生時における区の危機管理対応力を高めます。

中小企業や商工業の活性化に関する取り組み ~都心の暮らしに活気と賑わいを~

本区の経済・産業が活性化するためには、区内中小企業の経営が安定していることが大切です、また、商店街の振興や組織強化を図ることで、国内外の来街者で街の賑わいにもつながります。そのため、中小企業の経営安定化への支援や、起業支援を行うとともに、商工業の活性化に向けた自主的な取組を支援していきます。

豊かな歴史や文化資源に関する取り組み ~魅力的で誇れる街をつくる~

本区の持つ豊かな歴史や文化資源、及び文化芸術活動について、誰もが気軽に楽しみ、親しめる環境づくりを進めます。また、内堀、外濠、神田川、日本橋川といった水辺資源を魅力ある都市空間へと再生し、水辺や緑に親しめるとともに、地域特性を踏まえた景観を守り育て、潤いと風格のあるまちづくりを進めます。